採用情報

トップページ > 採用情報 > ヨシタケワークスタイル > 営業マンの1日

ヨシタケワークスタイル

営業マンの1日

ヨシタケの営業ってどんな仕事?
そんな疑問にお答えするため、営業マンが日々行っている業務内容の一例を日記形式で綴ってみました。
8:40 ■出社
まずはメールチェック。社内からは細かな伝達事項、お客さんからは各種依頼事項などが多い。手際よく処理。
8:50 ■始業
8:50の始業きっかりに支店内で朝礼。支店長から、「新製品の拡販パンフレットができたので活用するように」など。
朝礼が終わって自分の仕事に戻る。スケジュール帳で今日のスケジュール確認。訪問順など具体的なスケジュールをたてる。
この間、社内、社外からの電話がひっきりなし。社内はどうせろくな用事ではないから居留守を使って後回し。お客さんからの電話は技術問い合わせ、価格問い合わせなどで時間がかかるが丁寧に対応して印象良く。
一区切りしたところで今日の訪問先にアポの再確認TEL。
9:50ほぼ予定通りの時間、愛車(営業車)のカローラセダンを駆って外出。
10:20 ■最初の客先到着
お得意様のA商社。大型物件設置の各種バルブ一括受注の件で最後の詰め。支店長を説き伏せて営業本部長決裁をもらった戦略価格を提示。事前の情報収集から「この価格ならライバルに勝てる」とふんだプライスが功を奏して、担当者レベルで内定をもらえた。正式決定は一週間ほど後になるとのことだが、客先担当者との信頼関係には自信があるのでまず決まりと確信。いやみったらしいほど爽やかにお礼を言って最後のとどめ。11時過ぎに退出。今日は1件目から好調。

11:45 ■移動途中の喫茶店で食事
食後のコーヒーを飲みながら、3件目に行くお客さん相手の新製品プレゼン資料に目を通して再確認。頭の中でプレゼンのシミュレーション。
13:00 ■2件目のお客さん着
商社経由で当社の製品を実際に使っていただいているユーザーさんの工場。先方担当者の案内で工場内配管ラインと使用製品の状況をチェック。ライバル社製品に入り込まれていないかなどは、定期訪問して常にチェックしていなければならない。ついでに製品の技術的特徴などの知識を披露して、セールスエンジニアとしての顔を売り込む。
特に問題なさそうだったので、無料工場診断のパンフレットと新製品のパンフレット渡して、まずは相手の様子を伺う。多少は興味がありそうだったので、後日作戦を立てて攻めることにしてここはひとまず退出。(13:30)
13:55 ■3件目のお客さん
新製品拡販セールを提案しているB商社。これで3回目。今日は決めたい。
喫茶店でコーヒーをのみながら練習したプレゼンを披露。プレゼンの内容には十分満足してもらえたが、価格的にややお高い製品ため渋い顔。しつこく粘るが効果なし。ここの担当者はもともとライバル社のファンなので簡単に崩せないことは承知していたがやはり。新製品なので値引き商売はしたくない。
作戦を練り直すことにしてここは退散。(14:30)
14:45 ■支店から緊急指令
移動途中に支店から携帯電話で緊急指令(もちろん運転中の通話はしていません)。近くのお客さん(ユーザー)で使っている製品の調子が悪く生産ラインがストップしてお客さんはカンカンに怒っているとのこと。予定していた4件目のお客さんに事情を話してアポをキャンセル。現場に直行して15分後に到着。
怒っているお客さんにまず謝る。事情を聞くのはその後で。でも、あまりに早く来たのと先手を打ってわびたことで雰囲気は好転。
配管ラインを確認して製品を見ると、二次圧力が所定通りに自動調整できない異常。でもなんのことはない、配管内の錆などのごみが詰まってバルブの動きを邪魔している典型的な症状。ラインを止めてもらってその場で簡単に製品を分解。予想通りごみ。取り除いて見事復旧。僕のような優秀な(???)営業マンにしてみれば簡単なことだったが、お客さんからは感謝感謝。ついでに、こういうトラブルを回避するにはバルブの手前にストレーナ(ごみとり装置)をつけてくださいとお願いし、当社ストレーナの見積価格を提示してアドバイス。こういったこまめでスピーディーで的確な対応が今後の信頼感につながる。
双方気分を良くして退出(15:45)
16:30 ■支店に帰社
伝言やメールをチェック。外出中の電話やオンラインによる今日の受注状況を確認(まずまずでほっとしました)。
まずは異常があったお客さんでの顛末をメンテナンス報告書でまとめる。
次に日報作成。まとめて支店長に提出し簡単に報告。
さらに、A商社での一括受注内定の件を報告して得意満面。
十分誉められて気分を良くしたところで、今後の作戦を練る。特に本日3件目のB商社攻略法が悩み。既存の高機能製品で機能を売ること、ライバル社には無い製品の在庫販売の検討など、武器を新製品から既存製品に切り替えて攻めることにしよう。新製品はその後で。
この間にやはり客先や社内から多数の電話。社内は朝は無視したので今度は対応。やはりたいした用事では無かった。
18:20 ■帰宅
定時(17:40)を30分ほど過ぎたけど、本日はこれで終了。愛車(営業車ではない。車通勤なのだ。)を駈って一路自宅へ。独身だから家に帰っても誰もいないのが寂しい。早く嫁さんほしい。
23:00 ■就寝
寝床に入って、忙しかったけどまずまず充実した1日を思い出して満足。
おやすみ。

このページのトップヘ