よくある質問

伸縮管継手・ボールジョイント

伸縮管継手を配管する場合の注意点を教えて下さい。

①流体の流れ方向が銘板の矢印方向になるように取り付けて下さい。
②シッピングボルト、及びシッピング座金は、配管(固定点及びガイド施工)後すべて取り外して下さい。
③直管部の両端末、曲管部、分岐点およびバルブ配置点には必ず主アンカ(固定点)を設けて下さい。
④主アンカー間に2台以上の伸縮継手を使用する場合は、それぞれ継手の中間に中間アンカーを設けて下さい。
⑤主アンカー及び中間アンカーには、負荷される荷重を十分支えられる強度を持たせて下さい。
⑥継手が正しく伸縮するよう芯を出し、継手に配管の重量や曲げ荷重がかからないようにガイドを設けて下さい。
⑦レジューサで配管径が変わる場合は、主アンカーを設けて下さい。

▲ページの先頭へ戻る


キーワード検索

製品Q&A内を検索します。
検索したいキーワードを入力してください。

※キーワードは複数指定することもできます。
複数のキーワードを入力する場合は、スペースで区切ってください。

このページのトップヘ