よくある質問

ストレーナ

ストレーナに使用しているスクリーンでどの型式と共用しているかが知りたい。

添付されている『ストレーナ 共用スクリーン早見表』を参照ください。
スクリーンをご購入の際は、この一覧表をご確認の上お願いします。

画像:ストレーナ 共用スクリーン早見表
ストレーナ 共用スクリーン早見表
どのような用途の時に、どのタイプのストレーナを選べばよいでしょうか?

Y型ストレーナ:流体抵抗が少なく、取り付けスペースがコンパクトなタイプ
U型ストレーナ:Y型ストレーナより濾過面積が大きくスクリーンは取手付のバケットタイプ
W型ストレーナ:液体の通路が切り替えられ液体を止めずにスクリーンの清掃ができるタイプ
テンポラリーストレーナ:運転開始前の配管フラッシング用に用いるタイプ

ストレーナの面間指定やひんじ取り付けはできますか?

SY-13、SU-6といった鋼板製のタイプでご対応可能です。

製品にメーカー標準以外の塗装は対応できますか?

マンセルNo.塗料種類を連絡頂ければ、弊社において検討後ご回答させて頂きます。。一度ご相談下さい。

ストレーナ前後の差圧が大きく、流体粘度も大きい場合、どのような対応が考えられますか?

現状のスクリーン強度をアップさせて補強することや、異種のスクリーンに変更するなどが考えられます。一度ご相談下さい。

ストレーナスクリーンの掃除の時期について教えて下さい。

ストレーナの前後に圧力計を取り付け、差圧が0.1MPa以内でご使用ください。
0.1MPaに近づいた場合にはスクリーン(網)を清掃してください。

蒸気配管でのY型ストレーナの水平配管設置について。

ドレン滞留や凍結防止のため蒸気配管では水平配管が必要です。

ストレーナの選定方法を教えて下さい。

配管口径と同じものを選定します。流体によりY型、U型、ストレート型を選びます。
水配管で下にスペースが厳しい場合には、ST-10をお奨めします。
ST-10は、工具レスでスクリーン(網)の掃除や交換ができます。

ストレーナの網目(メッシュ)について、何か基準となる規格はありますか?

下記仕様があります。
1.公共建築協会工事標準仕様(機械設備工事編)
・水用においては40メッシュ以上(電磁弁の前に設ける場合は,80メッシュ以上)、蒸気用は80メッシュ以上
2.国土交通省住宅局(公共住宅建設工事共通仕様書)
・電磁弁,電動弁及び自力弁の前に設ける場合のストレーナは、80メッシュ以上。

こし筒とこし網の違いはなんですか?

こし筒は通常パンチングと称し,外側の補強網を言い,1c㎡当りの穴(穴径mm)の個数を表しま。
(例:φ2.5-7.21ヶ/c㎡とは穴径2.5mmが1c㎡当り7.21ヶあることをいいます)
こし網(メッシュ網)はこし筒の内側の網をいい,メッシュで表します。
メッシュとは網目の大きさを表す単位で,25.4mm(1インチ)間にある目数を表します。(例:目数が20個あれば20メッシュとなります。)

Y型ストレーナの逆洗方法について教えてください。

逆洗とは流体を正常の流れと逆方向に流し,流体と共に配管スケール等を洗い流し出すことをいいます。
ストレーナ周りにバイパス管およびブローバルブを取り付けてください。また,二重スクリーンを使用している場合,こし網がこし筒よりはく離され,破れる場合があります。逆洗方法の利用は、一重スクリーン(こし筒のみ)の場合に限ります。

▲ページの先頭へ戻る


キーワード検索

製品Q&A内を検索します。
検索したいキーワードを入力してください。

※キーワードは複数指定することもできます。
複数のキーワードを入力する場合は、スペースで区切ってください。

このページのトップヘ