よくある質問

スチームトラップ・エアートラップ

不良トラップ発見から取替までが安易なトラップはどんなタイプがありますか?

2011BTバイパスコネクター付き採用と確認手段の統一化で目視での発見も可能、取替もすぐできます。

フラッシュスチームの量が少ないといわれるオリフィスタイプは本当に省エネなのですか?

生産、省エネ全てを考慮するとシステム全般の耐久性も考慮しなくてはいけません。ドレン滞留させてドレンを排出しているためドレン温度が低いのは事実ですが腐食による外部漏れ、詰りによるハンマー発生など最終的に省エネを維持できなくなります。

フロート式スチームトラップに比べてバケット式スチームトラップは本当に放熱ロスが少ないのですか?

フロート式スチームトラップに比べてバケット式スチームトラップは、スチームトラップ内の蒸気の部分が少ないので蒸気の放熱ロスは少ないです。

スチームトラップからのドレンを回収する場合注意について。ドレン回収ラインに適しているスチームトラップは一般的にはどんなスチームトラップですか?

ディスク式スチームトラップでは背圧がスチームトラップ1次側圧力の50%を超えると蒸気が漏れ始める為、蒸気圧力が低圧の場合、使用できない事もあります。ウォーターハンマーなどを考慮するとバケット式が有効です。

メカニカル式のスチームトラップは、排出ドレン温度が高いのですが、それは省エネになりますか?

熱交換器等からのドレンを抜く事を優先的に考えたトラップなのです。省エネに関しては熱いドレンを熱いまま、ボイラー給水とする事で省エネする事をお勧めします。

スチームトラップの出口側配管を水没させてもいいですか?

蒸気が停止した時に、負圧になり水とともにゴミを吸い込む恐れがあります。
どうしても水没させる場合は、負圧にならないように真空調整弁の設置をお奨めします。

スチームトラップ選定時に安全率は必要ですか?

スチームトラップの選定には安全率が必ず必要になります。
安全率はスチームトラップの形式や、取付箇所によって異なります。
詳しくは、流体制御エンジニアリングをご覧下さい。

スチームトラップの最高使用圧力について教えて下さい。

スチームトラップには最高使用圧力が決められており、その値を超えて使用すると閉弁する力が開弁する力を上回り、ドレンを排出しなくなります。
(例)TB-881-16の場合,使用圧力1.6MPaを超えて使用するとドレンを排出できません。

スチームトラップの最高作動圧力差について教えて下さい。

最高作動圧力差はトラップの入口側圧力と出口側圧力の差をいい、トラップはこの圧力差において作動できるものでなければなりません。
例えば、ボイラー又は蒸気の主管の圧力とドレン回収管の差や、減圧弁の出口側圧力とドレン回収管との差をいいます。

配管に取り付ける方向が水平でも垂直でも使用できるスチームトラップはありますか?

当社製品では,
①サーモスタチック式TS-7、TS-8型バイパス付トラップ
②ディスク式TD-10NA、TD-30NA型スチームトラップ
が水平・垂直任意で使用できます。
2000コネクターシリーズも使用できます。

蒸気が停止した後トラップ本体にドレンが溜まり凍結の恐れがある場合、何かいい対策はありませんか?

凍結防止用として、トラップ内の圧力が0.035MPa以下に低下するとスチームトラップ内のドレンを自動的に排出する「ポップドレン」をお勧めします。
トラップ本体内のドレンを排出すれば凍結は生じません。
【接続可能な適合型式】
 1811(FW)・2011・800・880・TB-5シリーズ
(いずれも逆バケット式スチームトラップ)

また、1800シリーズおよび2000シリーズの鋼板ステンレス製スチームトラップは、凍結した場合でもほとんどの場合、本体は破損することがありません。

画像:ポップドレン付1811型スチームトラップ
ポップドレン付1811型スチームトラップ

▲ページの先頭へ戻る


キーワード検索

製品Q&A内を検索します。
検索したいキーワードを入力してください。

※キーワードは複数指定することもできます。
複数のキーワードを入力する場合は、スペースで区切ってください。

このページのトップヘ