流体制御エンジニアリング

減圧弁(自力式)


あ行

■圧力降下
流れに基づく流体圧の減少。
同意語: -
JIS用語: 圧力降下
対応英語: Pressure Drop
■圧力特性
一次側圧力を一定に保持し、二次側圧力を設定した後、一次側圧力変化に対する二次側圧力の変化。
同意語: -
JIS用語: -
対応英語: Pressure Characteristic
■一次側圧力
弁箱の入口側圧力又は弁箱に近い入口側配管内の圧力。
同意語: 入口側圧力
JIS用語: 一次側圧力
対応英語: Inlet Pressure
■オフセット
一次側圧力を一定に保持した状態で、流量を最小調整可能流量又は流量ゼロから定格流量まで漸次増加させた場合、変化する二次側圧力と設定圧力との差。
同意語: -
JIS用語: オフセット
対応英語: Offset Pressure

▲このページのトップへ


か行

■外部検出形
二次側圧力を出口側配管内から検出する形式。
同意語: -
JIS用語: -
対応英語: Outer Senser Type
■開放流量
一次側圧力を所定の圧力に保持し二次側を開放したときの流量。
同意語: -
JIS用語: -
対応英語: Flow Relieved
■減圧比
一次側圧力と二次側圧力との比。一般的に最大減圧比で表示される。
同意語: -
JIS用語: -
対応英語: Reducing Rate
■減圧弁
通過する流体そのものの圧力エネルギーにより、弁体の開度を変化させ、一次側圧力から所定の二次側圧力に減圧するバルプ。
同意語: -
JIS用語: 減圧弁
対応英語: Presure Reducing Valve

▲このページのトップへ


さ行

■差圧
一次側圧力と二次側圧力との圧力差。
同意語: 弁差圧
JIS用語: 差圧
対応英語: Differential Pressure
■最小差圧
一次側圧力と二次側圧力との差圧の最小値。
同意語: -
JIS用語: -
対応英語: Minimum Differential Pressure
■最小調整可能流量
安定な流れの状態を維持することができる最小流量。
同意語: -
JIS用語: 最小調整可能流量
対応英語: Minimum Contrilable Flow
■締切昇圧
二次側のバルブを締め切ることによって、設定圧力から上昇する圧力。
同意語: -
JIS用語: 締切昇圧
対応英語: Lockup Pressure

▲このページのトップへ


た行

■耐圧性
弁箱耐圧:弁箱に液圧又は気圧を加え、破壊、亀裂、にじみなどの欠陥が生じない圧力の最大値。
製品耐圧:製品の一次側、二次側に液圧又は気圧を加え部品の変形、外部への漏れ、にじみなど製品としての性能を損
     なう欠陥が生じない一次側二次側圧力の最大値。
同意語: -
JIS用語: -
対応英語: Withstanding Pressure
■直動式
二次側圧力の検出部そのものが直接弁体を作動させる操作部となる形式。
同意語: -
JIS用語: 直動式
対応英語: Direct Acting Type
■定格Cv値
定格流量に相当するCv値。
同意語: -
JIS用語: -
対応英語: Rated Cv Value
■定格流量
一次側圧力を一定とした場合、所定のオフセット内において保証し得る最大流量。
同意語: -
JIS用語: 定格流量
対応英語: Rated Flow Rate

▲このページのトップへ


な行

■内部検出形
二次側圧力を弁箱内から検出する形式。
同意語: -
JIS用語: -
対応英語: Inter Senser Type
■ねじ込み形
接続端にねじ山を持つ形式。
同意語: -
JIS用語: ねじ込み形
対応英語: Thread End,Screwed End

▲このページのトップへ


は行

■パイロット作動式
二次側圧力を検出して作動する直動式減圧弁をパイロット部として主弁体操作部の圧力を調整することにより、主弁体を作動させる形式。
同意語: -
JIS用語: パイロット作動式
対応英語: Pilot Operated Type
■フランジ形
接続端がフランジである形式。
同意語: -
JIS用語: フランジ形
対応英語: Flanged End

▲このページのトップへ


や行

■ユニオン形
接続端がユニオンである形式。
同意語: -
JIS用語: ユニオン形
対応英語: Union End

▲このページのトップへ


ら行

■流量特性
一次側圧力を一定に保持したときの、二次側圧力の流量変化に対する圧力変化。
同意語: -
JIS用語: 流量特性
対応英語: Flow Characteristic

参考文献:「自技資0195(平成8年5月)」 「社団法人 日本バルブ工業会」 「自動弁部会」

このページのトップヘ