流体制御エンジニアリング

自動弁共通


あ行

■ウォータハンマ
水撃作用。流体が配管内の曲がり部などに衝撃的にぶつかる現象。
同意語: -
JIS用語: -
対応英語: Water Hammer
■エロージョン
高速度の流体の衝撃による機械的な破壊作用又はこれに化学的な腐食作用が伴って、固体表面の局部に激しい損傷が発生する現象。
同意語: 壊食
JIS用語: エロージョン
対応英語: Erosion

か行

■キャビテーション
バルブのシート部分のように流速が非常に早くなる箇所で、液体の圧力が局部的に液温の飽和圧力より低くなるため、液体の一部が蒸発して無数の気泡が生じ、それが流速の減少した位置でつぶれる現象。
同意語: 空洞現象
]
JIS用語: キャビテーション
対応英語: Cavitation

た行

■チャタリング
弁体(バルブプラグ)が繰り返しシート部をたたく不安定な状態。
同意語: -
JIS用語: チャタリング
対応英語: Chattering

は行

■フラッシング
制御される液体がバルブの入口において、その圧力における飽和温度に近かったり、また、バルブポート部における圧力降下が相当大きいとき、パルブポート通過後の圧力がその液温の飽和圧力まで降下し、液体に一部が蒸発すること。
同意語: -
JIS用語: フラッシング
対応英語: Flushing

参考文献:「自技資0195(平成8年5月)」 「社団法人 日本バルブ工業会」 「自動弁部会」

このページのトップヘ